Type:House/Location:Kamakura,Kanagawa,Japan/Design:2018-19/Construction:2019/Consultant:hondaGREEN/Structure:Timber/Contractor:Kawaguchikenchiku/Sitearea:133.4m2/Built area:51.3m2/Total floor area:91.9m2

鎌倉の緑に囲まれた延床約30坪の一戸建て住宅のリノベーション。夫婦と子供1人と猫が暮らすこの住宅は築30年ほどで、既存のプランは1Fにリビングやキッチン、水回りなどを配し、廊下と個室が明確に分かれた典型的な建売住宅のそれであった。そこで今回は、明確に分かれていた動線(廊下)を空間の一部に溶け込ませ、それを各所で重ねてみた。また三層に重なった部分には一畳ほどの吹抜けを設け、隔てられていた上下階においても積層が感じられる空間とした。元々三つの山が連なったような屋根の一番高い部分には、新たにロフトを設けることができた。領域が重なることで、家族がお互いに程よい距離を取りながら生活できるヴォリュームとなっている。また奥様はイラストレーターであり、陽当りの良い2Fの南東側に作り付けのワークテーブルを作成した。既存の外構はブロック塀とアルミフェンスと密集した植物であったが、杭を並べたクウキベイとして風通しを良くし、アプローチ階段と駐車場の間には、以前住んでいた家の庭からオリーブの木を移植した。