dima
  • Surfer’s House by swell / サーファーの家

    Type:House/Location:Kamakura,Kanagawa,Japan/Design:2018/Structure:Timber,Steel/Sponsor:Shelter/Built area:148m2/Total floor area:180m2

    うねりとは白波が立っていない波の状態のことであり、サーファーは常にこのうねりを気にかけています。うねりは円を描くように運動しています。そこでうねりのサイズが日々異なるように、異なる半径の円によって平面的、断面的に切りと取られた住宅を提案します。また、建物はうねりの上を滑空するかの如く、3つの塔によって浮遊しています。オフショアの風の向きと太陽からの光を考慮した夏の塔と冬の塔、そしてうねりを確認できる見晴し塔です。もちろんピックアップトラックが停められる屋根付の駐車スペースや、ボードのメンテナンススペース、明るいダイニングに、海を一望できるリビング、波音が聞こえるベッドスペースも完備しています。
    *この住宅は2018年に湘南モノレールの中吊広告を利用した『サーファーの家展』のために計画したものです。

    We have developed a surfer’s house based on the formation of swell waves, whose water particles draw smaller or larger circles as they move back and forth horizontally. titled surfer’s house by swell, the wooden structure is cut and planned in section with circles of different radii that reflect the waves’ different sizes, while its three towers allow the building to float above water.We have added the three towers to the wooden structure to cater for different purposes: the summer tower and the winter tower consider the direction of the offshore wind and the light from the sun; and the viewing tower allows surfers to check the conditions of the ocean and the swell. other facilities include a covered parking space for pickup trucks, a board maintenance